スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

看護師勉強会が嫌だし面倒!強制参加に悩むナース必見!

自分の興味のある分野ならまだしも、どんな内容でも職場の勉強会には自由参加という名の強制参加に不満を感じていた看護師のAさん。

休日であっても勉強会がある日はわざわざ病院に行かなければいけないうえに、時間外手当はなし。その上、忙しければ「ちょっと手伝って!」とまで言われる始末。



せっかくの貴重な休日を潰されることが死ぬほど嫌だったAさんですが、今はそんな悩みもなくなり、看護師としての仕事を全うできるようになりました。



■勉強会の意義

看護師の勉強会も「自己研鑚」が一番の目的。病院によっては院外の研修も自発的に参加するように半ば強制され「勉強会に行かないやつ=ダメなやつ」みたいなレッテルを貼られることもあります。

看護者の倫理綱領には確かに、「研究や実践を通して、専門的知識・技術の創造と開発に努める」といった項目はあるものの、世の中の看護師のどれだけが、この倫理綱領を守っているんでしょうか?



看護師という仕事には確かに大きなやりがいがありますが、やはり、お金のため、家族や生活のために働いている人だってたくさんいるわけです。仕事よりもプライベートを優先したい人だっています。

そもそも、看護師にだって休む権利があるし、自分が健康じゃなければ、まともな看護なんてできません。勉強会の意義をはき違えている職場が少なくないのが現状です。






■勉強会のない職場もある

勉強会に対して意欲的な病院もあれば、逆に勉強会は完全に自由参加で、制度的にどうしてもやらなきゃいけない勉強会だけ実施しているような病院だってあります。

勉強会が嫌ならば、そういった病院へ転職するのもありじゃないでしょうか?



本来の勉強会というのは、自分が伸ばしたいと思うスキルを養ったり、自分にかけているものを補うことが主な目的のはずです。

もしくは、飲み物やステーショナリーグッズがもらえる製薬会社の勉強会にだけ行くとか、看護学校自体の友達がたくさんいる勉強会は行くとか、そういった参加の仕方をしたって、誰かに迷惑をかけることはないですよね。




■転職サイトを上手に使おう

勉強会のない職場を探すには、看護師専門の転職サイトを使いましょう。ハローワークの求人票だと表面的な情報しか書かれていないので、勉強会の酸化義務に関しては深く知ることができません。



面接のときに勉強会の参加状況を確認しても、実際に入職したら「話が違う!」というケースはよくあります。病院側としては、のどから手が出るほど看護師を増やしたいので、自分のところに悪い面は隠そうとするからです。


看護師専門の転職サイトはその点、すでにそのサイトを通じて転職をした人から現場の生の声を吸い上げています。つまり、ウソ偽りのない、本物の情報を知ることができます。


勉強会の参加状況はもちろんのこと、職場の人間関係や雰囲気、有給消化率や年齢比率などなど、一般にはあまり出回らない情報も詳しく知ることができます。




複数の看護師専門の転職サイトに登録をすることで、より多くの求人情報を収集&比較ができるようになるものの、ただ、使いこなすのが想像以上に大変です。どんなに多くても5サイト以内が限界じゃないかと思います。

そこで、50サイト以上ある中で、どのサイトに登録するのが良いのか?このサイトで厳選してみたところ、3つまで絞り込むことができました。



【看護のお仕事】給料アップ交渉にめっぽう強い!




【ナースではたらこ】入職後のアフターフォローも充実!



【マイナビ看護師】病院の要望を踏まえた面接対策が丁寧!





最低限、この3サイトに登録をしておけば、おいしい求人を逃してしまう危険がほとんどなくなります。それに、転職を何から何まで支えてくれるキャリアアドバイザーも経験豊富な人ばかりです。

キャリアアドバイザーは、希望条件の求人情報をまとめてくれたり、あなたのスキルや経験をもとにキャリア相談に乗ってくれたり、病院との面接日を代わりに調整してくれるなど、働き方は様々です。



条件交渉もお手の物で、給料アップの依頼も意外とすんなり引き受けてくれます。病院側も、給料アップ交渉されることを前提に給与額を提示していることが多いので、意外と基本給アップは実現しやすいポイントです。

逆に言うと、条件交渉しないのはあまりにももったいないので、ダメもとでも良いので、キャリアアドバイザーに1度は相談をしてみてくださいね。